20代、30代となってから、急に顔にニキビが出来始めた、きちんとスキンケアしているのに、なかなかニ...

大人ニキビをなくすには保湿しながら洗顔

20代、30代となってから、急に顔にニキビが出来始めた、きちんとスキンケアしているのに、なかなかニキビが治らない、治ったと思ったらまた同じところに出来た、とお悩みの方が結構多いかと思います。
この大人ニキビは、若い頃にできていた思春期ニキビとは原因が異なることをご存知でしょうか?

きちんとスキンケアしているのに、ニキビが治らないとお悩みの方、 もしかしたら、誤ったスキンケアをしている可能性があります。
原因に沿ったスキンケアをすれば、大人ニキビを解消することは可能です。

大人ニキビは、肌の毛穴が乾燥することにより、毛穴周辺のターンオーバーが過剰になり、角層が厚く積もることによって、毛穴のつまりが発生し炎症が起きることによって生じます。
このような乾燥状態の毛穴に対して、普段から、洗浄力の強すぎる界面活性剤を使った洗顔料で洗顔していないでしょうか?
洗浄力の強すぎる洗顔料を使用すると、必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌を乾燥させてしまい、結果的にニキビになってしまいます。
肌の乾燥から出来る大人ニキビを治すためには、肌の潤いを残したまま洗顔することが重要となります。
また、洗顔した後に外部からの刺激から守るために、しっかり保湿をすることも大切です。

肌の乾燥によって引き起こされる大人ニキビのケアのポイントは、以下となります。
大人ニキビのスキンケアのポイント
洗顔で毛穴につまった古い角質や汚れをやさしく除去すること
ニキビのできやすい状態の乾燥した毛穴に、うるおい成分とニキビ予防に有効な成分を浸透させる化粧水でケアすること
肌のうるおいを逃がさないように肌の外的刺激から守る美容液でケアすること

つまり、肌の乾燥によって生じる大人ニキビには、毛穴を保湿しつつ洗顔することが重要となります。

大人ニキビのためのスキンケアとして特におすすめなのはこちらのニキビケアコスメです。肌をやさしくうるおいながらニキビの原因である「毛穴の汚れ」や「古い角質」を落とし、かつ、既に出来てしまったニキビの炎症進行にも働きかけることができます。